中央競馬の名場面に残る大レースでのハナ差決着

競馬

中央競馬には、歴史の名場面とも言えるレースがいくつもあります。そのなかでも特にファンの記憶に残るのは、です。

これまで中央競馬では、短距離のG1レースから長距離のG1レースまで、ハナ差で決まったレースがいくつもあります。 どのレースも歴史に残る名場面として語り継がれており、特に長距離レースは今でも語り草です。3,000m以上の距離を走った上で1着と2着の差がわずか数cmなのは、それだけでもドラマを感じるでしょう。

2着の関係者は悔しい思いをするでしょうが、一中央競馬のファンとしては、勝ちに等しい2着だと誰もが思っています。馬券を買っているファンにとっても、数cmの差で勝負が決まるのはたまりません。

馬連や3連復など連勝系の馬券ならどちらでも良いですが、単勝や馬単、3連単を買っている場合は話が別です。ほんのわずかの差で的中と不的中が決まり、場合によっては大万馬券を取り損ねることにもなります。

中央競馬の馬券を買っていると、G1レースに限らずこうした経験は一度や二度ではありません。喜ぶ人がいる一方、悔しい思いをするファンも数多くいるので、名場面として語り継がれる側面もあります。

 
top