新聞などの改革でさらに競馬は盛り上がる

競馬

競馬新聞は昔に比べていろんな面で進化してきています。

コンピューターを使って各社が独自に編み出したスピード指数などを掲載している所もありますし、その日一番の推奨馬をコラムなどに掲載して紹介しているところもあります。

こういった進化も競馬界が盛り上がる要因の一つになっています。平成に入り、馬券の種類が格段に増えるという改革も行われました。昭和の時代までは馬券の種類は単勝、複勝、枠連しかありませんでしたが、平成に入り、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単などの高額配当が期待できる馬券の種類が導入されました。また、JRAではWIN5という宝くじのような馬券も発売されるようになりました。

こういった馬券の登場で、競馬ファンはレースの検討の仕方も変化しました。3連複馬券の場合、軸を見つけることが出来ても3着に入る穴馬まで的中させなければ馬券は当たりません。従って、広い視野で各馬の力量を判断するなどの対策が必要となっています。

 
top