海外競馬でレコードタイムを達成する名場面

レコード馬

海外競馬でレコードタイムで優勝することはあまり多くありません。特にヨーロッパの場合は速い時計で勝つことはそこまで重視されておらず、日本でのタイムとヨーロッパでのタイムには大きな違いがみられます。

そのため、日本の馬がヨーロッパの競馬で対応すること、その逆もまた難しく、苦戦を強いられる状況となっています。それゆえ、海外競馬においてレコードタイムで勝つことは素晴らしいこととされており、レーティングにおいてかなりの高得点になるケースがあります。日本の馬の中には海外競馬でレコードタイムを記録し、レーティングが年間1位になった場合もあります。

名場面としての記憶にも残りやすい傾向にあり、あまりにも強い勝ちっぷりにレコード記録をマークすると、この馬が最強馬という雰囲気が高まります。そして、その記録が長く保持されるとその価値はさらに高まり、久しぶりにその記録を破った時は衝撃が走り、常に人気を集めるような事態に発展します。

現地でそうした競馬を見ることはなかなかなく、素晴らしいものをみた気分にさせてくれます。海外競馬、特にヨーロッパのようにまずは勝つことが最優先という競馬文化において、それを見た時はとても幸運なことです。

 
top