無敗のまま引退する最強馬が出た海外競馬の名場面

無敗馬

無敗のまま引退し、最強の称号を欲しいままにした馬というのは日本でもそこまで多くはありません。無敗のまま引退したり、非業の死を遂げた馬の多くは志半ばであることがほとんどであり、もし無事ならどうなっていたかと誰もが考えるようなケースがほとんどです。

一方、海外競馬に目を向けると無敗のまま引退し、最強馬として君臨し続ける馬が数多く存在し、最後の引退レースを名場面として挙げるケースは少なくありません。

海外競馬では日本のように長く走らせるケースはあまりなく、種牡馬入りを考え、なるべく無理をせず、大レースだけに出走するケースが多い傾向にあります。だからこそ、ずっと勝ち続けることは大変であり、多くの人の記憶に残りやすいと言えます。致命的な出遅れをしてもそれを挽回する力があったり、すべての馬がマークをし、なかなか馬群から抜け出せなかったりしてもそれをかいくぐるのが最強馬です。

海外競馬は芝やダートの英雄、スーパースターが多くいます。伝説を作り、その伝説を作った子供たちもまたすごいというように、偉大な血を残しています。負けずに現役を全うすることは非常に難しいことであり、だからこそ多くの人に語られる名馬となります。

 
top